【モラハラ】 加害者も被害者も『 嫌われている方が落ち着く 』可能性がある。

マインドコントロール

愛着障害という言葉があります。


親からの長期にわたる愛情不足によって起こる心理状態の事です。
愛着障害を起こす原因は様々だそうですが「虐待」や「ネグレクト」なども含まれています。
  愛着障害-Wikipedia


モラハラやいじめなどの加害者に多いとされるパーソナリティ障害も
被害者に多いとされるアダルトチルドレンも、この『 愛着障害 』になります。
モラハラは愛着障害同士・・・加害者と被害者の根本が似ている為に起こっている可能性もあるのです。共依存になりやすいそうです。 )


愛着障害の人達も依存症(人間相手も含む)や摂食障害などを起こすそうです。
そして、親に虐待をされていた愛着障害の人の中には「 嫌われている方が安心する 」という人も居るのだそうです。




何故かと言うと、好きな相手(親)嫌われている(虐待される)状態 」で育って来たり「 好きな相手(親)に放置されていた 」からです。


ですから、愛着障害の加害者や被害者にとっては、モラハラの関係って凄く居心地が良いのです。
自分が慣れ親しんで来た関係・コミュニケーション法だから。


被害者・ターゲットに選ばれた方の中には、加害者のモラハラ&試し行為にムカついたり
絶対に復讐してやるぞ!! みたいな心境の方もいらっしゃると思いますが、上記の理由からその感情は逆効果になっている場合があります。

愛着障害者の中には、その「 怒りながらも構ってくれる 」行動が欲しい人間も居るのです。
あなた(親代わり)に嫌われている(でも、自分から離れて行かない)事で安心感や快感を得ているのです。

その意識的でも無意識でも行われる彼/彼女達の策略のような思考に
まんまと引っ掛からない為にも「 無視 」する事・「 縁を切る 」事がモラハラやストーカーへのベストな対処法なんだと思います。


愛着障害が原因で被害者になってしまう人も根本は同じです。
モラハラみたいな状態は慣れ親しんで来たコミュニケーション法なのです。

もし、嫌で苦痛なら自分の思考や行動の癖を見つけ出して注意して行動してみたり
加害者から離れる努力をする必要があると思います。
嫌な相手と いつまでも一緒に居なくても良いのです。



個人的には、加害者も被害者も相手は親じゃ無くて他人と言う感覚が薄いのかな?・・・って感じがします。



私、自己愛性パーソナリティ障害と思われる女性にモラハラされたり、
境界性パーソナリティ障害ちっくな女性(複数人)に依存されたりして来ましたが
どちらも私に「 親代わり 」だったり、「 自分が自分の親のように支配(虐待)できる者 」を求めていたんだろうなと今は思っています。

その時の状況によって、私( 被害者 )を親にしたり子供にしたりする感じ。コロコロ変わる→だから、被害者は自分がどういった立場の何者なのかわからなくなって精神状態がおかしくなるのだと思う。

私の場合、私は相手の事を「 上司・目上の女性・知人 」と認識していたけど、相手は私の事を親(年上・保護者)として扱ったり、自分の子供(小さな子・何もできない子)として扱ったり、時には「競争相手(敵)」として扱ったりするので会話は成立しないし、関係性も定まらずゴチャゴチャになっていたのだと思う。

私も「何なの?こいつ、何もできないのに急に偉そう」とか普通に見下しの目線で見てしまった事もありましたし、接していると怒りを感じる方向(虐待する親の役割)に持って行かされる感じがしました。)


精神の深い部分で親離れ出来ていないと言うか、親とのコミュニケーション法しか知らないと言うか・・・
一見、人に囲まれていたけど、寂しい人達だったのかも?(-_-)



私は私で「 いや、この人にも良い所あるんだし・・・ 」と、相手のプラス面ばかり重視して
マイナス面がいかにマイナスかをスルーして来たために、最終的に最悪の別れ方になってしまったのだと思います。

相手のマイナス面をあなたが物凄くマイナスだと感じるのなら、マイナス面を基準に接したほうが良いと思います。
甘やかしたり優しくしたり、誠実に応対しなくても良いのです。


相手を傷つけてしまうのでは?
失礼ではないか?



・・・そんな優しさは不要です。


相手は傷つけられる事も失礼な対応をされる事にも慣れています。
傷つくかもしれませんが、黙って受け入れる可能性も高いです。
( 慣れているから立ち直りも早いと思われます。 )



同じように被害者体質の方も自分が傷つく状況に「 慣れてしまっている 」のではないでしょうか?
だから、何度もモラハラ関係に遭遇してしまうのかもしれません。



【 関連記事: 『 被害者 』が被害者でいる限り、『 加害者 』の加害は続く。
【 関連記事:モラハラ加害者が相手(被害者)に求めているのは「 親子関係 」
【 関連記事:【モラハラ対処法】 自我が無い人の特徴 「投影性同一視」



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:モラルハラスメント モラハラ 人間関係 自己愛性人格障害 自己愛性パーソナリティ障害 境界性人格障害 境界性パーソナリティ障害 アダルトチルドレン




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]