【モラハラ対処法】 逃げるのは大事。しかし、逃げる前にきちんと相手と向き合う事も大事。

境界線


人格障害に遭遇した時の対処法として『 逃げる 』はダントツで多くの方が助言しています。
このブログでもそんな記事を書いていますし、実際、相手にしない事は大事だと思います。 )


しかし、自己愛性人格障害・境界性人格障害者は障害の特性上、
中途半端な優しさ や 弱さ(オドオドしていたり、恐怖心を抱いていたり)につけ込んで来ます。
これは"絶対"と言っても良いかもしれません。そういう部分が人格障害なのです。


ですから、『 逃げる 』と言っても、とにかく避けまくれば良いと言う訳ではありません。


↓別記事にも書いていますがハッキリ言葉にする事も大事です。


パーソナリティ障害の人は心の成長が子どもの頃のまま止まってしまっている。

人格障害やストーカー気質の人に好かれやすい性格とは?

ストーカーが好きなのは『追いかけている相手』では無い。目的は別にある。





もし、人格障害と思われる相手が彼氏彼女だったりする場合には
ただ逃げるのでは無く、「 きちんと別れる 」という行動が必要なのです。


人格障害、ストーカーの人達はハッキリ言わないとわからない人達ですが
本人達も白黒ハッキリさせたがる人が多いようです。
中途半端な対応が大きなトラブルを招きます。


ハッキリ言う際も、中途半端な優しさは不要です。
「 関係を断つ 」という事を人格障害者にキッパリ言い切って、その後一切取り合わない態度を取る必要があります。
ここまでしてから「 逃げる・無視 」を徹底するのです。


理由をハッキリさせたがったり、罵倒して来たりするかもしれません。
その際もハッキリ「 嫌いになったから 」などを言うか「 そういう未練たらしい所が嫌い 」とか言い切ってしまう。
しつこいようなら「 もう話は聞かないよ 」と伝えて、その後 無視を貫く。


人格障害者達は感情のつけ込む隙が無い人間を苦手とします。

具体的なタイプは・・・・
 「 強い( 精神的にも肉体的にも・両方兼ね備えてる人にも)」
 「 毅然とした態度 」
 「 他人の事は気にしない人間 」
 「 無神経 」
 「 天然 」

上記のような人達には人格障害者は非常に弱いそうです。



一時期は大好きだった彼氏彼女・友達かもしれませんが、
残念ながら人格障害者はあなた(被害者)の事は見ていないし見えていません。

相手を想って、あなたが誠実に対応しても慎重に言葉を選んでも関係無いのです。
人格障害者達は自分の事しか見えていません。

自分以外を見ようともしない人達です。
物事をハッキリさせたがる特徴からしても、あなた(被害者)の意見は最初から必要としていないという事です。


毅然とした態度で「 関係を断つ 」事をハッキリ伝える。


被害者になるタイプの方にとっては、この対応は難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、人格障害者相手には 中途半端が一番 良くない対応だと思った方が良いです。


ただ、人格障害者の中にはハッキリ言われて逆上する人間も居るでしょうから
ある程度 言葉は選んだ方が良いかもしれません。
「 相手も同じ人間( 暴言やストーカー扱いには傷つく。例え、まんまストーカーでも本人には自覚が無い。 ) 」という部分を忘れない方が良いと思います。


関連記事:【モラハラ対処法】 自我が無い人の特徴 「投影性同一視」


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:モラルハラスメント モラハラ 人間関係 対処法 自己愛性人格障害 自己愛性パーソナリティ障害 境界性人格障害 境界性パーソナリティ障害 ストーカー




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]