ハラスメント加害者の心の奥底には「恐れ」の感情がある。

ストレス


最近のニュース記事。

早稲田大学文学学術院のセクハラ問題についての記事ですが、モラハラ加害者の心理にも通じるものがあると思います。


ハラスメント加害者の心の奥底に潜む「恐れ」の感情を解剖する-現代ビジネス

文学やアートの周辺には、「あなたが好きなあれ、僕は全然評価しないけどなあ」ということを言うのが文学とかアートだと思ってカマしてくる人がいる。
男だけがしそうなことに見えるが、僕にカマしてきた人のなかには女性もいた。

そういう人は、コミュニケーションというものを相手の価値観を格下げすることだと思っていて、折伏とか洗脳を目的地に設定しているので、食事中であれば飯や酒がマズくなる。




長いつきあいの、気のおけない関係ならともかく、「出会い頭のカマし」は必ず初対面かそれに近い状態で名刺代わりに来る。
ヤンキー漫画のメンチ切り的なアレかもしれない。「ナメられないように一発入れとこう」みたいな。

それともナンパ術をマニュアル化し、カルト的な信者を集めた「恋愛工学」で言うところの「disる」(言葉で相手を貶める)「ネグる」(嘲弄する)ことによって「主導権はこちらにある」と相手に思いこませようとする技術にも似ている。

倉数茂さんが回想したような渡部教授の授業は「disる」「ネグる」ナンパ術の技法で学生に強い印象を与えたといえよう。まさに〈おれの女になれ〉である。

ヤンキー漫画の喧嘩と恋愛工学的なナンパの共通点はじつは「相手が自由意志を持っていることが怖い」ということだ。




人は、意識して毒舌を吐いているかぎり、他人が自分を認めて親しんでくれない理由を自分の毒舌のせいにすることができる。
「私がほんとうのことをズバリ言うものだから人に煙たがられるのだ」と考えることができる。
「私は人間関係にまだ本気出してないだけ」とどこかで自分を慰めることができる。

見かたを変えればこれは、他人に承認されることを過度に重視した結果の裏返しでもある。
「怖がっていない」「承認(愛)など要らない」という明言こそ、もっとも怖がっていて、もっとも承認(愛)を欲している(そしてその自覚がない)人の言葉だ。



特定の〈親しい学生〉の前で「俺様」として振舞うのは、ある種の甘えだ。
その甘えは、〈親しい学生〉でない「学生一般」への恐れと表裏一体だったのだろう。
初対面で相手の価値を否定するのは、それを乗り越えて自分を承認してくれる人を見出すための篩(ふるい)にすぎない。

そして一般的に、自分の価値観に自信がない人ほど、他人を折伏しようとするものだ。



ハラスメント被害者は加害者を恐れて生きることになってしまいがちで、それはほんとうに悲しいことだ。

しかし向後善之『人間関係のレッスン』(講談社現代新書)によれば、ハラスメント加害者には〈他者の自分に対する評価を気にして、自分の持っている優越感が損なわれることを恐れる「超過敏」と呼ばれる感覚〉があり、〈自分の有能さや重要さ(自分が思っているだけかもしれませんが……)が損なわれることを非常に恐れている〉という。

加害者の側に、そもそも謂れのない恐れがあった、という視角は、いま被害に会っている、あるいはかつての被害の傷がまだ痛み続けているみなさんには、なにかの足しになるのではないか、と思う。

パワハラ、モラハラの被害を受けている人は、相手が自分を恐れているのだということを意識すると、事態改善のヒントに繋がるかもしれない。
また教師・上司・親・多数派といった加害しうる立場にある人は、自分のなかに相手への恐れがあるかもしれないと意識することで、事前に加害を防ぐことができるはずだ。


引用元:ハラスメント加害者の心の奥底に潜む「恐れ」の感情を解剖する
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56585

(リンク先に全文あります。)




関連記事:「モラハラ」、「いじめ」、「フレネミー」 加害者の共通点は【 劣等感 】
関連記事:モラハラの『 被害者 』になるのは魅力的な人!~ちょっと自画自賛になるけども
関連記事:『 加害者の持つ自己愛 』 に対抗できるのは『 被害者の持つ自己愛 』

関連記事:何故か嫉妬された時の対処法~突き抜けてしまう事も時には必要~
関連記事:【モラハラ被害】 自己愛性パーソナリティ障害と嫉妬
関連記事:【モラハラ被害】 私が 一番 相手に違和感を覚えた出来事


関連記事リンクが多めなのは、私も「 加害者は被害者(に嫌われるの)を恐れている 」と考えているため、何回もブログに書いているからです。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:モラルハラスメント モラハラ 人間関係 対処法 心理




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]