【ドラマ】自己愛性人格障害の犯人が登場する韓国&日本サスペンスドラマ『 シグナル 』



人から聞いて知ったのですが、最近 日本のドラマで「 自己愛性人格障害 」が扱われたそうです。


そのドラマとは、坂口健太郎さん主演シグナル 長期未解決事件捜査班
2018年度4月にスタートし、現在も放送中ですね。




過去と現在がトランシーバーで繋がるという、ちょっと不思議なタイムトラベルサスペンスドラマ。
2016年の韓国ドラマ「シグナル」が原作で、日本版はリメイクされた作品となります。


韓国版も日本版もトランシーバー(無線機)を使って15年前と交信しながら未解決の事件を解決していくという物語
多少、韓国版と日本版で違う設定やストーリーになっているのではないかと思われますが
女児誘拐事件がキーとなるドラマの始まり方は全く同じ設定になっている模様。


この1話~2話あたりに登場する未解決事件(女児誘拐事件)の犯人の女性が「 自己愛性人格障害 」という設定で日本版では長谷川京子さんが演じています。
自己顕示欲が強く、派手さを好むタイプの自己愛性人格障害のようです。

放送終了後にDVDが作られると思われますが「すぐ見たい!」って方は
フジテレビ/カンテレのサイト等で放送分の動画が販売されていますので、そちらでチェックされてみてはいかがでしょうか?
U-NEXTでも配信中なので、無料トライアル&付与されるポイントを使って視聴するのも良いかも? )


自己愛的な人物が登場する日本のドラマは探せば結構あると思いますが、こんな風に名指し的なものは珍しいように思えます。
「自己愛性人格障害/パーソナリティ障害」が「ストーカー」や「サイコパス」のように認知度が高い病名(診断名)になる日は来るのでしょうか!?

日本が自ら発信した題材では無いものの、2010年頃にモラハラ・自己愛問題でモヤモヤしていた私としましては「 どうしちゃったの!? 2018年 」って感じがしています。w( ̄o ̄;)w
時代は確実に変わって来ている気がします。

( 関連記事:2018年発売の「広辞苑」第7版に『 モラルハラスメント 』も追加されるそうです。


ん?私が変わったのかな???
※自分の世界は自分自身が作っているというメンタルの法則。


両方かな?


( たぶん、両方だと思います。 )




《PR動画》




LINK_M



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:自己愛性人格障害 自己愛性パーソナリティ障害 海外ドラマ




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]