【映画】史実を基にした姉妹の愛憎劇 「 ブーリン家の姉妹 」




イングランド国王ヘンリー8世の結婚や世継ぎ問題を背景に、エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹メアリーを主人公として作られた映画。

女同士が争うお話は色々ありますが、王様(第三者)の気まぐれのせいで姉妹で争う事になってしまうストーリーです。
姉妹の役はナタリー・ポートマン&スカーレット・ヨハンソンと豪華なキャスティングで
現在では日本でも人気ありまくりなベネディクト・カンバーバッチエディ・レッドメインも脇で出てます。


16世紀のイングランドは王族間において政略結婚が常識だった時代。
「娘」とは、一族を繁栄させるための「道具」のような存在でした。

国王ヘンリー8世は世継ぎの男児に恵まれず、世継ぎを生むための愛人を探しており
姉妹の父親は長女のアン(ナタリー・ポートマン)を王の愛人にしようと画策するのですが
引き合わせた際に、王が興味を持ったのは結婚したばかりの次女・メアリー(スカーレット・ヨハンソン)。


メアリーは一族の為に泣く泣く愛する夫と別れ、王の申し入れを受け入れます。
しかし、その影で姉のアンは「 先に結婚した上に、王の愛人の座まで奪った! 」と妹・メアリーに憎しみを抱いていました。



 
それから、月日が経ち・・・

メアリーは男子を出産するのですが、体調を崩してベッドで横たわる時間が増えて行きます。
次第に王のメアリーへの興味が薄れ始め、姉妹の父親は王を繋ぎ止める手段として 再び 長女・アンを使う事にします。

アンにとっては、妹に復讐するチャンス。
見事に王の心を射止め、妹を宮中から追い出し、王妃の座まで手に入れるのですが・・・・
実在のアン・ブーリンは・・・・最後には悲劇で終わるのはご存知な方もいらっしゃるかと思います。(;´д`)


個人的に、アンの妹への嫉妬と王妃への執着(欲望?野心?)が自己愛的な人間と重なって見えました。
逆に、妹のメアリーは穏やかな女性として描かれていて、宮中を追い出される頃には王様を愛していた様子なので、最初から最後まで家族や周囲の人間に振り回されている人生に見えました。


だけど、メアリーには姉のアンへの愛情もあるため( アンにも妹への愛情はある事はあるんですが・・・ )
色々あっても自己犠牲で耐え続けてしまうのです。
昔も現在も、姉妹(家族)の縁は 気分次第で簡単に切る事は出来ませんからね。

( 毒母ならぬ、毒姉みたいな感じ。 )


そんなメアリーも、ある出来事で 最終的に姉と家族に見切りをつけます。


この映画をこのブログで紹介するのは「 最後にはメアリーが笑うから 」です。
良いラストです!(笑w)



モラハラ加害者と被害者の特徴にも重なるブーリン家の姉妹。
姉は何を考えているのか、妹は何を想ったか・・・・
最後に2人はどうなったか・・・・


もうすぐ、連休にも入ります。
映画DVDでも観ようかな~って機会や興味がございましたら視聴してみてくださいね (^^)







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:映画 洋画




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]