サイコパスが自己愛性人格障害者のターゲットになる事があるらしい。

 マインドコントロール


近年、悪の象徴のように扱われている「 サイコパス 」
簡単にまとめると、反社会的な思想を持ち、良心が無い人を指す言葉です。
サイコパス - Wikipedia




明確な日本語訳が無いので「反社会性パーソナリティ障害」として扱われている場合があります。
そのため、日本では精神異常者としては捉えられていません。
アメリカでは25人に1人、アジアでは200人に1人がサイコパスであると言われています。


他の人格障害者のように、サイコパスも計画性は無く、衝動的で
相手の気持ちを読み取る事も下手で暴力に頼りますが
そういったタイプは、サイコパスの中では「 小物 」と位置付けられています。


サイコパスの中には「 天才 」のような人達も存在するのです。




例えば、「 天才的な外科医 」などもサイコパスの可能性があります。
価値観・判断力が常人と違うので、躊躇いなく「治療」を実践できるのかもしれません。

1人殺して、大勢が救われるのなら、その1人を殺す・・・
良心が無いので、そんな判断も躊躇わずに出来るのがサイコパスなのです。
パレートの法則の記事で書いたように、世の中には このような感覚の人も 多少は必要なのでしょうね。




才能あるサイコパスは、権力や暴力は最終手段と捉えているそうで
基本的に暴力的では無いそうです。
他人を「洗脳」しようともしないそうです。


ただ、「コントロール」する事には長けているのだそうです。
才能あるサイコパスは相手の気持ちを汲みながら
計画的に相手をコントロールする事が出来ると言われています。


一見、「 無害(親切)で いいひと 」「 良き隣人 」なのです。


他の人格障害者や小物のサイコパスと違って、本性を垣間見せる事も 滅多に無いそうです。
( 「被害者」は見てしまうのかもしれませんが・・・ )
サイコパスは、犯罪者になってしまう人のほうが少ないと言われています。

そのため、自己愛性人格障害者や境界性人格障害者達が
サイコパスの事を「 思い通りになりそう(弱そう・優しそう) 」と判断して
「 ターゲット 」にしてしまう事も しばしばあるそうです。


しかし、相手はサイコパス。
攻撃が しつこい場合は、「 必ず 」反撃に出ます。


自己愛性人格障害者や境界性人格障害者が
逆にサイコパスの標的にされて苦しむ事もあるのだそうです。
( 良心が無いので、サイコパスは " 精神的に " 容赦なく徹底的に、人格障害者を痛めつけるのだそうです。 )


『 優しい人ほど怒らせてはいけない 』 の極端な例かもしれませんね(!?)



LINK_M



LINK_book
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:サイコパス 自己愛性パーソナリティ障害 自己愛性人格障害




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]