【モラハラ対処法】 『 賞賛の鏡 』の役に徹する。

 鏡


自己愛性パーソナリティ―障害の人は、常に自分を称賛してくれる人を必要としています。
そのような人の事を「賞賛の鏡」と呼んでいる書籍やWEB情報があります。



「 賞賛の鏡 」は、早い話が「 取り巻き 」の人達のようなものです。
ただ、取り巻きと違って、自己愛性の人に それなりに大事にされる可能性があります。







「 賞賛の鏡 」になるには、自分の個人的な意見や主張は控えめにして
自己愛性パーソナリティ障害である(かもしれない)相手が いかに素晴らしいかを讃える事です。

要するに揉み手であり、イエスマンであり、積極的に取り巻きになってしまう対処法です。


健全な自己愛を持つ人は、幼い時に「 賞賛の鏡 」の役を 母親など家族がしてくれていますが
自己愛性パーソナリティ障害の人は、何らかの理由で幼い時に「 賞賛の鏡 」が存在しませんでした。
そのため、自己愛性パーソナリティー障害の人は賞賛や自己顕示への欲求が子供の頃のままになっています。

欲求を満たしてあげる事で、自己愛性パーソナリティ障害の人は自分自身(精神状態)を保つ事が出来ます。
積極的に賞賛エネルギーを与えてくれる賞賛者である相手を「自分の真の理解者」だと見なすようになり、大切に扱うようになるそうです。


理解者と言っても、自己愛性の人の感覚は
「 こいつは私(俺)の凄さがわかる、まぁまぁ優秀な奴のようだな 」ぐらいの気持ちです。
しかし、自己愛の人にそう思わせると「ターゲット候補」からは外されます。


接して行く中で あなたのほうが主導権を握ろうとしたり、
自己愛性パーソナリティ障害である相手を非難するような言い方をしてしまうと、逆鱗に触れる事になります。

「競争相手」だと見なされないようにも 注意しなければなりません。
 

逆鱗に触れた場合は「モラハラ被害者」直行コース。
あなたは信用を失い、もはや「出来損ないで、一番不要な鏡」と認定されます。

それまで、どんなに重要視されていた人でも
自己愛性パーソナリティ障害の人の理想を踏みにじると 「 出来損ないの不必要な鏡 」になるので注意が必要
です。
徹底的に、「自己愛性の人より下の立場をキープする」必要があります。


真の理解者だと思われるようになると、多少の意見は聞いてくれるようになるらしいです。
忠告も、聞いた時は屁理屈を言うかもしれませんが、ちゃんと聞くようにもなります。
( 今思えば、私が経験したモラハラも こういう時期があったので意見を聞いてくれる可能性は高いと思います。 )


「参謀」とか「秘書」みたいなイメージでしょうか?
童話「白雪姫」に出て来る「 悪いお妃が持ってる鏡 」みたいな役割です。
あの鏡も、正直に「白雪姫の方が美しいよ」って言ったら 割られてしまう映画とかもありますよね。 



ただ、自己愛性パーソナリティ障害の人は非常に嫉妬深いです。
「何でも競争相手、ライバルと見なしてしまう傾向」があります。
ですから、味方陣営に居ても 知らない間に「賞賛の鏡」じゃなくて「競争相手」になっている場合があります。
( 私がそうでした。


私は「賞賛の鏡」は目指していませんでしたが、部下(取り巻き?)になり立ての頃は、
普通に賞賛したいと思った時は尊敬の気持ちで賞賛していました。
( 最初の頃は、まさか あれ程までに変な人とは思ってなかったので普通に褒めたりしてました。)


だけど、いつの間にか「被害者」になってました。


自己愛性パーソナリティ障害の人とは、そんなもんです。
遭遇したら最期、普通一般的な価値観や常識は通用しません。 


ですが、一度でも彼等と接した方は解ると思いますが
パーソナリティ障害の人達は単純(幼稚であり純粋)です。


接し方を間違えなければ、手の平で転がす事も簡単な人達
です。


ですから、逃げるより、積極的に仲間になってしまうのも対処法になるという事です。


個人的に、あまりお勧めはしませんが、接客業やママ友との付き合いなどでは
こういう感覚も必要になって来ますよね。

自分が「ターゲットでは無い状態なら」賞賛の鏡にトライしてみるのも良いのではないかと思います。
( 自己愛的な人と一緒になって「被害者」を陥れるような事はしないでくださいね・・・!


過剰な賞賛は嫌う人も居ますが、褒められて怒る人は あまり居ないと思います。
普段から「 さりげなく相手を褒める癖 」を持っておくと身を守る事もあるのかもしれませんね。

※ まあ、でも、私そんな感じ(人を褒める)でしたが 「 ターゲット 」になりました・・・とだけは言っておきます。



関連記事:パーソナリティ障害の人は心の成長が子どもの頃のまま止まってしまっている。
関連記事:モラハラの状況は「赤ちゃんと母親」の関係に近い。
関連記事:自己愛性パーソナリティ障害の人の傍に必ずと言って良い程にいる取り巻きの人達


LINK_book
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:モラルハラスメント モラハラ 対処法 人間関係 自己愛性人格障害 自己愛性パーソナリティ障害




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]