『 部屋の乱れは心の乱れ 』 掃除と心の関係は馬鹿にできない。

スター


「部屋の乱れは心の乱れ」という格言がありますが、心理学的にも「部屋の状況≒心理状況」と言われています。
部屋の状態は、その人の心の状態が反映されるそうなのです。




つまり、部屋が散らかっている人は心が乱れている人という事になりますが
大掃除の季節、あなた様のお家はどんな状態でしょう?(*^^*)
 

風水的には散らかっている部屋は運気が下がると言われています。
嘘か本当かは置いておいて、綺麗な部屋の方が運気が上がるという話は有名だと思います。
年末の大掃除も「 神様(良い運気)をお出迎えするため 」「 1年間に溜まった邪気を払うため 」などの意味があるそうです。


また、散らかっている部屋は人間の集中力を低下させ、ストレスを溜めさせるとも言われています。
仕事などから疲れて帰って来ても、部屋が汚いと体も心も休まらないのです。
( 「 散らかってる方が落ち着く 」という人も、散らかっている部屋で暮らしていると無意識に疲れやすくなって行くそうです。 )

ゴミ屋敷的なレベルになりますと、ホコリやダニ・害虫なども溢れ、健康状態も蝕まれて行きます。


部屋にゴミが多いほど病んでるとも言います。
本格的に精神に問題がある人はゴミと同居しがちだそうです。
( 「 物 」で心の穴を埋めようとする心理だそうです。 )


あらゆる面から見ても「 散らかっている部屋 」は「 良くない 」のです。



そんな掃除雑学はこの辺にしておいて・・・・


私は強迫的ではありませんが掃除は好きですし、スッキリした空間が好きです。
忙しい時は散らかりますが、忙しさから抜けたら 真っ先に掃除をして空間を整えます。
( そして、また散らかる。


しかし、モラハラ被害が一番酷かった時
この習慣が途絶えました。


掃除が出来なくなったのか・・・したくなくなったのか・・・・
当時の自分の心理状態が何だったのかも わかりません。
とにかく、掃除する気力が無くなって行きました。


さすがにゴミ屋敷レベルにはなりませんし、
ゴミはきちんと捨て、床掃除くらいはしておりましたが
薄っすらとホコリが積って行く場所が増え続けました。


現在も、我が家の中に 多少ホコリの積もった場所は いくつかありますが
それらも、時間があって気が向いた時や年末の大掃除時には除去されます。 

モラハラ当時も年末の大掃除はしてはいましたが、忙しかった事もあって
細かい所までは手が行き届かなかったような気がします。

あの当時の家の空間は、私にしては「 汚かった 」と 今は思います。



部屋が(異常に)汚い or 散らかり過ぎているのは
自分の心の状態があまり良くないサインの可能性があります。


身の周りの事に手がつけられないのは
それほどまでに精神的に追いつめられている可能性もあります。


掃除は 少しずつ始めて行けば良いと思いますが
ご自身や身近な方の異変は そのままにしておかないほうが良いと思います。
当てはまる場合は 何らかの対策をお勧めいたします。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:メンタル 心理学 うつ うつ病




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]