【海外ドラマ】 どこか病んでいる人が続々登場!?美しい復讐劇 「 リベンジ 」



久し振りに海外ドラマのお話です!
2011年~2015年にアメリカで4シーズンに渡って繰り広げられた物語「 リベンジ(原題:Revenge) 」


社交界を舞台に、復讐する側と復讐される側の2人の女性
彼女達の周囲の皆さんが頭脳戦を繰り広げるサスペンス・ドラマ
です。


個人的に、日本の昼のドラマ的な雰囲気だなと思いながらファイナルまで観ました。
あまり深く考えて観なくても良いような、程良いドロドロとアクションとミステリーと感動があります。
( 展開が ちょっと漫画っぽいかもしれません? )
 

出演されている女優さん達が個人的に 全員 かわいい & 美しい!(と思う。)
そして、復讐したい女性と 復讐される側の女性・・・

このブログの 他の記事(私の過去の話)をご覧になられている方はお気付きになられているかもしれませんが
私はこのドラマのストーリー設定を目にした時に気にならずにはいられませんでした。
( ピンと来た方は、当ブログをしっかり読んで頂いているようで ありがとうございます。 )





ストーリーは、高級住宅地ハンプトンで暮らしていた父と娘の不幸から始まります。
少女アマンダの父親であるデヴィッドが無実の罪で投獄され、獄中で殺されてしまったのです。

アマンダの父親を陥れたのは、地元の実力者でグレイソン・グローバル社を経営するグレイソン家でした。

10年後、アマンダがエミリー・ソーン " と名前を変えて、復讐のために故郷ハンプトンへと戻って来た所から物語は進み始めます。

10年経ったハンプトンでは、アマンダ(エミリー)の父親を陥れた張本人のヴィクトリア・グレイソンは " ハンプトンの女王 " と呼ばれ、社交界に君臨していました。


ヴィクトリア役はマデリーン・ストウさん。
映画好きならご存じな方もいらっしゃるのでは・・・?
( 因みに、日本の俳優・真田広之さんもシーズン1に出て来ます。 )


ヴィクトリア・グレイソンを最大の標的に、アマンダ(エミリー)は 父を陥れたセレブ達へ 次々と復讐して行きます。


もちろん、ヴィクトリアも簡単に復讐されるような女性では無く、すぐにエミリー(アマンダ)に不信感を抱き、警戒を始めます。
彼女とデヴィッドとの間には何があったのか・・・ヴィクトリアの事情や心の闇も徐々に明らかになって行きます。



シーズンが進むごとに、エミリー以外にも「 登場人物の中の誰かに復讐したい 」人物が増えて行ったりもします。
シーズン4には、毒親(母親)に育てられたメンタルヘルスな女性が登場したりもしました。
( ちょっと依存的で困ったタイプで笑えない暴走もしますが、優しい時は優しい女性( ボーダーの人っぽい )として活躍します。女優さんも可愛い! )


様々な人物の思惑が交差する中、最後に笑うのは誰なのか?

エミリーにもヴィクトリアにも「 人を呪わば穴二つ・因果応報 」的な事は起こるのか?

・・・そんな所も楽しみながら視聴できるんじゃないかと思います。




個人的に、深~く 感情移入してしまうような登場人物とストーリーではありませんでしたが
私にとっては、ちょうどいい感じの題材と設定でした。(笑w)
社交界が ひとつの舞台なだけあって、全体的にエレガントな雰囲気な所も好きでした。


視聴していた当時の最初の頃は、まだ ちょっと 加害者の事をたまに思い出したりしていたので
私も復讐について 考えたりもしました。

ですから、どちらかと言えば、私はやっぱりエミリーの方を応援しながら観ていました。
( ヴィクトリアもですが、エミリーも 結構 考え方が歪んでいると思います。 )
でも、ヴィクトリアの気持ちも解かる部分はありました。ちょっと悲しい関係の2人です。


日本のドラマとかって、どんなことがあっても 最後には何故か和解して、
皆がハッピーで仲良しENDになるようなのも少なくは無いですが( そういう物語も良いし、必要だとも思いますが )
海外の作品は 「 サイコパスは 最期までサイコパス。治る事は無い。 」みたいに貫いてくれる所が好きですし、個人的に納得出来ます。

( 日本製の悪役は最後の最後に降参して謝罪したりするけど、海外製の悪役は最後の最後まで降参や謝罪など一切しないのが多い。むしろ、どうやって絶体絶命の場から逃げるかを考えてる。 )


この「 リベンジ 」も、あの人や あの娘や あの人・・・皆さん、最後まで 悪意を貫くのです。
逆に、善意の人は善意の塊だったり、悪意が芽生えたけど やっぱり良心に従う人とかも登場します。
 
個人的に、最後の最後に 「 あなたが復讐して、しかも、成功させて終わるのかー! 」なラストでした。
しかも、何食わぬ顔で仲間として混ざってやがるという・・・すごく女性的な復讐でもあり、恐いけど解からなくも無くて、納得しちゃった終わり方でした。





物語の登場人物に自分を投影して、自分の存在価値を見出したり再認識するのもメンタルケアになるそうです。
 

世の中には、たくさんの「 物語と登場人物 」が存在していますので
自分の境遇に近いような、シンパシーを感じる作品を見つけたら 視聴 or 読書してみるのも良いかもしれませんよ?


何より、気分転換にもなります。(*´ω`)
 





【 PR動画 】




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:海外ドラマ




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]