【モラハラ脱出】 実は、相手の中に「本来のあなた」が隠れている

いぬ鏡


あなたは、モラハラ加害者・周囲の苦手な人達の どんな行動に嫌な気持ちになっていますか?


人は自分が抑圧している行動をする人に怒りを感じると云われています。


例えば、モラハラの加害者になるような人は自分の価値観を他者に押し付けて来ますが
被害者(あなた)が、それを迷惑に感じるのは 「人に価値観を押し付ける事は良くない」という考えを持っているからです。

加害者の取り巻きになるような人達など、他人から価値観を押し付けられても何とも思わない人だっています。
詐欺に遭う人・・・疑うどころか、すんなり受け容れてしまう人だっています。



だけど、あなたは価値観の押し付けを素直に受け容れられない。
むしろ、そんな奴の価値観なんて受け容れたくない(!?)

・・・つまり、あなたは 「 そういう価値観の( 人に価値観を押し付ける事は良くないと考えている )人間 」という事なのです。


人間は「相手の中に自分を見ている」のです。







モラハラも「相手の問題」のように見えて、実は「自分の問題」でもあるんです。
「 相手の中に見出すもの 」は、全て「 あなたの中にあるもの 」です。

これは、加害者の視点から見た世界でも同じです。
加害者はあなたを見て、「加害者自身」または「 加害者を虐待した人物 」を見ている可能性が高いです。
多くの被害者が、加害者の言動に「 違う誰かと間違われている 」ような感じがするのは そのためです。
「投影性同一視」といわれています。 )


加害者も被害者も、相手を通して自分自身( 自分の価値観 )を見ています。


もし、加害者が事実無根であるにもかかわらず、あなたに対して「 嘘つき 」と罵って来たのなら
それは加害者自身が嘘つきなので、当然 あなたもそうなのだと思い込んでいるからです。
モラハラの加害者になるような人達は、相手と自分は別の人間だという線引きが出来ていません。 )

逆に、多くの被害者が加害者に対して不快になっている事を口にしないのは
「 それ位の事は言わなくてもわかる 」と考えているからではないでしょうか?

しかし、実際は それはあくまでもあなた自身の価値観であって
相手・・・特にモラハラの加害者になるような人達は 「 ハッキリ言わないとわからない 」ような人達です。


不快だとハッキリ告げる事でモラハラが終わる事もあります。
加害者になる人達にも、多少 個人差はありますので不快にさせてると気付いたら止める人もいますし、
思い通りにならない被害者に委縮したり飽きたりして離れて行く人もいます。
( 被害者が何言おうが止めない人も居ます。 )


この段階で被害者の方々は「 不快だとハッキリ告げる人 」と「相手に自分の気持ちをハッキリ言えない人」に別れるかもしれません。

ハッキリ言えないのは、別に悪いことではありません。
立場的に言えない状況もあるでしょうし、あるいは あなたは そういう性格の持ち主だという事です。


ただ、理由は何でなのでしょうか?


「 相手が怖い 」のなら何故怖いと感じるのか・・・?
「 相手を傷つけたくない 」のなら、あなたは優しい人なのかもしれないし、八方美人なのかもしれない。
もしかしたら、相手の問題だと思っていた事は あなた自身の心の問題だった・・・なんて事もあるかもしれません。



モラハラの中で あなたが相手を不快に感じたのは どんな部分ですか?
どんな言葉に傷つきましたか?


その部分が 本来のあなた自身の価値観であり、あなたの個性であり、性格です。


苦手な人、不快な気持ちになる人が現れたら視点を変えて、
相手に対して何が不快な気持ちになるのか考えてみるのは いかがでしょうか?


相手は「 自分の性格の癖を伝えようとしているメッセンジャー 」だと考えると
多少、ストレス軽減にもなるかもしれませんし、自分自身を向上させる事が出来るかもしれません。


相手と違う所が あなたの個性なのです!


関連記事: モラハラ脱出後に自分がされた事を思い出して、怒ったり悲しんだりするのは回復が始まったサイン

( 関連記事:ストーカーを呼び込みやすい? 「 被害者体質 」なのは自分の心が原因かもしれない。

関連記事:悪口を言われた時に相手に一番ダメージを与えられる一言とは?


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:モラルハラスメント モラハラ 対処法




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]