【冪乗則】 人間関係にも「 パレートの法則 」と「 2-6-2の法則 」は当てはまる。

数字


「パレートの法則」とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート氏が発見した法則です。
「80:20の法則」、「2:8の法則」とも呼ばれています。


経済において全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論で

・売上の80%を生み出しているのは20%の顧客である。
・所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
・物事の本質の8割は2割を見ればわかる。
・100匹のアリのうち、働くのは2割だけ。(※「働きアリの法則」)

・・・など、自然現象や社会現象の多くには【2:8】程度のばらつきがあるという説です。



会社で例えると、その会社を支えているのは全従業員のうちの2割の人達だけ・・・という事になります。
働きアリで例えると、残りの8割は仕事しないで遊んでいるのだそうです。


そこで、会社が成果を出していない8割の従業員を解雇したとします。
しかし、成果を出していたはずの2割が自然と2:8に分かれる現象が起きてしまい、
また新たに成果を出さない従業員が8割になってしまうらしいのです。


そのまま成果を出さない人を削り続けて行くと、さらに2:8現象も続き・・・

最終的に成果をあげていた人達は疲れきってしまい、自ら退職・・・病気、過労、
精神的にも「次は自分が解雇かな・・・」と落ち着かず、成果をあげるどころか
誰も残らず、従業員がいなくなってしまう結末に成りかねないそうなのです。


例え、成果を出さなくても8割の従業員達も必要不可欠な人達という事です。
パレートの法則を知っている経営者は「 会社的にダメな人 」も積極的に採用しているそうです。
( 単に、面接時に見抜けなかっただけという説もあります。笑w )


このように、世の中は2:8程度でバランスを保っているという法則です。
 
 



「パレートの法則」から派生したと思われる『 2-6-2の法則 』もあります。

こちらも会社で例えますと、全従業員のうち、飛び抜けて優秀な人が2割。
普通の人が6割、飛び抜けて成績が悪い人が2割になってしまうという法則です。

学校の1クラス内の生徒の構成などにも当てはまりますね。
どんな組織や集団にも、必ず 「 上位 」と「下位」になる人は現れてしまいます。


しかし、完璧な集団を作ろうと下位の人達を排除しても 6割の中から新たに2割が下位になってしまうだけで
そのまま排除を繰り返していると、段々と上位者が上位で無くなって行くだけです。


スポーツの世界では、スタープレイヤーを集めて最強チームを作ろうとした事例がこれまでに何度もあるそうですが、ことごとく失敗している( 決して、強いチームにはならない )そうです。


アイドルグループなんかも、美少女 or 美少年とは言い難い
普通っぽい容姿のメンバーが1人や2人程度 混ざっているグループが売れています。


下位の人達も必要不可欠な存在であり、「2-6-2の法則」は自然の摂理でもあるのです。




数字


この「 パレートの法則 」と「2-6-2の法則」は、ビジネスだけでは無く、生活シーンにも当てはまる時があります。


例えばですが、誰の人間関係でも

 「 あなたと意見が合う人が2割 」

 「 あなたと意見が合わない人が2割 」

 「 別にどちらでもない人が6割 」

・・・・と、なるという事です。



世の中には 「 自分の事を嫌う人が2割存在する 」、「 自分には理解できない人が2割は存在してる 」という事です。
これを覚えておくと、人間関係は少し楽になるのではないでしょうか?


つまり、自分を嫌ってる人・自分には理解できないような正反対な人達は必ず2割は存在するのです。
その2割の人達は、世のバランスを保つために必要不可欠な存在でもあるのです。
自然の摂理とも言える「 パレートの法則 」に逆らって、無理にその人達に好かれようとしなくて良いのです。


全員に好かれようとするから人間関係に疲れます。
そして、( 私もそうだったように思えるのですが )全員に好かれようとする人ほど
不思議とあまり良い人間関係は築けなかったりします。

もちろん、嫌われるよりは好かれるに越した事はないと思います。
でも、「 全人類に好かれる 」という事は無理ですよね?
全員が同じ意見になる・・・それはもうカルト宗教の世界です。 



パレートの法則に従って、人間関係に満点を求めずに80点くらいを目指してみてください。
満点を目指さない事で無駄な争いを避けられるようにもなります。

反対意見の人や、理解できない人が現れても「 この人は2割の中の人なんだな 」と考え、
重く受け止めなくても良いし、その人の考え方を無理に変えようとしない事です。
心配しなくても、世の中には「 あなたと意見が合う人 」「 あなたを好きになる人 」は必ず2割は存在しています。


モラハラの加害者になる人も、被害者になる人も
相手の性格や考え方を無理に変えようと必死になっているような所があります。

お互い、2-6-2の中の 反対側の右の2と左の2に位置する人間なのかもしれません。
別世界に生きる人間なのです。

鳥がイヌやネコに「 空を飛べ 」と言っているようなものであり、
イヌやネコが鳥に「 4足で生活しろ 」と言い出すようなものです。

合わない人は、人間としての種類が違うと割り切ってしまう方が無駄な労力を使わずに済みます。



しかし、もし、あなたが集団の中のトップやプロフェッショナルを目指しているのなら
「 パレートの法則 」を覚えておきつつ、80点から100点を目指す為の努力も必要になって来ます。

100点を目指す為には、どこに80%注ぎ、どこに20%くらいの力を注ぐか・・・
パレートの法則は「 物事を効率化 」したい時に知っておくと便利な法則なのです。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:人間関係 法則




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]