【スピリチュアル】 「 カルマの法則 」という考え方

スピリチュアル


ヒンドゥー教の教えの中にカルマの法則という思想があります。
仏教の「 因果応報 」と似たような意味を持つ、スピリチュアル的な法則です。

カルマの法則の「カルマ」とは「 働き 」という意味を持つ言葉で
日本語では「 業(ごう) 」とか「 罪 」とかに よく訳されています。


「 自分のした行為は自分に返ってくる 」という法則です。







因果応報と 少し違う所は「 カルマの法則 」は現世の行いだけでは無く、前世での自分の行いも含まれる所です。

悪い事をすれば悪い事が返って来るし、善い事をすれば善い事が返ってくるというネガティブにもポジティブにもなる法則で、行動だけで無く、自分の「 思想・思念 」なども含まれるそうです。


「 前世の自分がした悪い行いが現世の自分に返って来た 」り、「 現世でした事が来世の自分に返る 」とも考えられています。
ですから、善い行いをすれば来世の自分にも善い連鎖が続くと考えられていて、
悪い連鎖を発生させない為にも、悪いことはすべきじゃ無いよ的な教えです。


カルマの法則によると、人間は輪廻転生の中で魂を成長させてるのだそうです。
この世で起こる出来事の全てが、自分の魂が行った事の結果・自分が蒔いた種なのです。

悪い事が起きた時は、何らかの悪いカルマを昇華した or 昇華させるチャンスが訪れたので
「 悪いことは良いことの前触れ 」とポジティブにも考えられてもいるみたいです。

善い悪いの判断基準は、よく見かける説明は「 宇宙の法則・宇宙からのメッセージ 」とかになっていて
一気にファンタジー感が出ますが、私は自分自身(の魂)じゃないのかな~と思いました。
長い長い経験を 本当に魂が積み重ねて来ているならば・・・ですが。


「カルマの法則」による人間関係の捉え方は、
現世で何らかの因縁がある相手・運命的な何かを感じる相手は前世でも出会っていて
前世で何かがあった・・・遺恨を残していると考えられています。

時を超えて生まれ変わっても、強烈に執着している or 執着されていて引き寄せ合っている訳です。
「 執着 」の部分は「 絆 」とかにも置き換えられると思います。
とにかく、現世で出会った人は前世でも知り合いだったかもしれないという事です。

もし、前世で自分を裏切った相手と現世で出会ったなら、
魂が裏切られた事を憶えているので、無意識に相手に対して 強い不安や不信感を感じたり
復讐の気持ちなどを抱くようになるのだそうです。
 
あるいは、考え方などに 強烈な嫌悪感を感じる相手は前世含む過去の自分が同じような考え方をしていて、
無意識に「 そんなんじゃ駄目だよ 」みたいな気持ちになったりして、過去の自分自身に嫌悪している可能性も考えられるんだそうです。


そんな感じで、まさしく、スピリチュアル的で壮大な内容でもある法則なのですが
単純にまとめると、「 カルマの法則 」とは自分と向き合うための教えです。


何かが起きた時に 相手や周囲のせいにし続けていると
そのカルマから逃れる事ができなくなると考えられています。


人間関係が悪い方向へ向かう時、相手だけが悪いという事は無いはずです。


「 ストーカー被害 」や「 事故 」などのように、相手が100%悪かったとしても
必ず自分にも何か見直さなければならない所があるのです。

それは、ちょっとした行動なのかもしれないし、何気ない言動なのかもしれません。
どこかの瞬間で自分自身も悪い事が起きるキッカケを作ってしまっているのです。
その事を知らせてくれているのが「 カルマの法則 」という訳です。


その「 何か 」・・・自分のカルマに気が付かない限りは、同じ事を何度も繰り返す事になります。
現世で解決できなかったら、来世にも そのカルマを持って行かなければならないという事です。
( 残業のような感じですね・・・ )




言われてみれば、何故か 何度も同じような事が起きる事ってありますよね?
私は あります。

私の場合、別記事にも書いておりますが
人間関係だけ切り取って考えても 、数年前は何人も何人も どこかおかしい女性が寄って来ました。
「 カルマの法則 」的には、法則が私に何かを気付かせようとしていたという事になります。


そして、私は 次第にその現象を疑問に思い始めました。
続くという事は、私自身も そういう人を引き寄せる「何か」をしていると思ったのです。
( 私は中高生の頃から「鏡の法則」的なものを信じておりましたので。 )

妙な人間関係は改善もしたいし、似たような女性が続けて現れる原因を突き止めたくて、色々 調べたり学んだりしました。
そうして「 モラルハラスメント 」と「 自己愛性パーソナリティ障害 」に辿り着き、
後は だんだんと「 被害者側 」のメンタルや心理などの話も知ったのです。


現在は 妙な女性の連鎖は止まっていますし、自分のどういう所が悪かったのかも分かっていますから
「 カルマの法則 」的には魂が成長したのかもしれません!?

なので、私はモラハラ問題を来世に持って行かなくても良さそうです!(たぶん。)



関連記事:ストーカーを呼び込みやすい? 「 被害者体質 」なのは自分の心が原因かもしれない。
関連記事:人格障害やストーカー気質の人に好かれやすい性格とは?




人が最も成長する瞬間は「 失敗した時 」といわれています。


科学や医療なんかも失敗を繰り返しながら進化しています。
失敗を繰り返す事も必要なのです。

しかし、失敗を人のせいにしているうちは成長できないという事です。
モラハラの加害者なんて、まさにそうだとは思いませんか?

何か悪いことが起きた時は、自分のカルマが影響していると考えてみるのも良いかもしれません。

スピリチュアル的な分野や宗教的な話は苦手な方も
モラハラなどの被害者になってしまった現在の状況は、成長するチャンスが訪れていると考えて
これまでの自分を顧りみてみるのはいかがでしょうか?




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:スピリチュアル 法則




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]