本当に病んでいる人ほど自分が「 異常 」だと気付かない。

錯覚 


パーソナリティ障害や、他の精神疾患の自己診断表みたいなものが存在しますが
この記事とかこの記事に書いているようなやつです。 )
『 普通の人 』が目にした場合、「 当てはまっている・・・自分は病気!? 」と ちょっとビックリしたり落ち込んでしまう事があるそうです。

心配し過ぎて、病院に駆け込むような人も 考え方は極端かもしれませんが「 正常 」である可能性が高いそうです。
セルフチェックで「 これ、自分に当てはまってる・・・! 」と判断できる人達は、実は 自分の欠点が自分で解かっている
つまり、自分を客観的に見る事が出来ている人なのです。


本当に精神疾患を抱えている場合、例えば、自己愛性パーソナリティ障害の人が『 自己愛性パーソナリティ障害の特徴 』を目にした場合「 全部 当てはまらない 」と自己診断する人が多いと思われます。




パーソナリティ障害者も、他の精神病の人間も自分を客観的に見る事が出来ていません。

ですから、セルフチェック等を行ってみても 自分の事とは微塵も思わないそうです。
もし、ちょっとザワついてるようなら その人は治る可能性がある人なんだと思われます。


パーソナリティ障害の人達はプライドが高いのが特徴ですので
「 全部 当てはまらない 」とカッコつけて言ってるだけなのかもしれませんが、
実は、全部当てはまらないと言いきる人ほど 自分を客観視できていない可能性が高いのです。

セルフチェックの中には誰にでも当てはまるような特徴についての項目も混ざっている事があります。
特に " 自己愛 " なんかは、誰の心の中にも存在する物なので、病み具合の基準が分からなくて 「 自分と重なる・・・!? 」と思う人が居ても 別におかしく無いんです。
それを「 全部 当てはまらない 」と認識する感覚のほうが 「 おかしい 」。
 

自己愛性パーソナリティ障害者の治療は、症状を自覚させる事から始まるといわれています。
しかし、「自分は素晴らしい人間」と思い込んでいる為、自己愛性の特徴を指摘しても激しく怒り出すだけで、治療どころか自覚させる事じたいが相当難しいと云われています。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:メンタル




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]