「 接点が無かったのに突然変な人に付きまとわれる 」 ・・・なんて事は無い。あなたが気付いていないだけで相手はあなたを知っている。

嫉妬


似たような内容の記事を以前にも書いています。
 ⇒「 ストーカーを呼び込みやすい? 「 被害者体質 」なのは自分の心が原因かもしれない。


変な人が寄って来た 最大の原因は、もしかしたら 自分の心が弱っていた
からなのかもしれません。


でも、「 変な人 」は何故 それを察知する事ができたのか?


それは、ストーカー気質の人達にも 付きまとう相手への評価基準があるからです。




 

 
ストーカーにも個人差があるでしょうし、具体的に「これ!」という基準は分かりませんが
自己愛的な人や、ストーカー気質の人達が恐れているのは 存在すら認知されない事です。


(関連記事:【モラハラ対処法】自己愛的な人が嫌がる事。

(関連記事:【モラハラ対処法】 パーソナリティ障害である加害者への最大の復讐方法とは?

(関連記事:何故か嫉妬された時の対処法~突き抜けてしまう事も時には必要~

(関連記事: 人格障害やストーカー気質の人に好かれやすい性格とは?



ですから、認知してくれなさそうな人間( 有名人など )や
明らかに幸せそうな人物( 幸せ過ぎて悪意に気付かないような人・悪意を軽く受け流しちゃう人 ) 等には 近付こうとしないそうです。


ただ、彼/彼女達というのは嫉妬心が強いので 「 幸せそうな人 」の事は見つけた瞬間から意識しています。
よく顔を合わせるような身近な存在であればある程、彼等の目や心に留まりやすいかもしれません。

「 幸せそうな人 」に 近付かないし、声をかける事もしないかもしれませんが
その「 幸せそうな人 」を見かける度に妬み心を膨らませているのです。


そうやって、監視のような日々を続け、ある日「 幸せそうな人 」が調子悪そうに見えた時・・・

「 充分に弱っている 」 「 (仕返しなどの)リスクは無くなった 」「 今なら自分の事を認知させられる( 勝てる ) 」と判断した時にだけ近づく
のだそうです。



(関連記事:【モラハラ対処法】 依存するにはリスクが高い・大きいと思わせる。



自己愛的な人達 or ストーカー側の判断基準が勘違いの場合もあるかと思います。
でも、そういう気持ちで近づいて来ていますから「 幸せそうな人 」=「 あなた 」を 陥れようと企んでもいますし
嫌がらせに「 怒り 」 でも 「 悲しみ 」でも喜怒哀楽の反応を見せれば、相手は「 認知された!! 」と 大喜びするのです。

それによって自信がつくのか、あなたが反応すればする程 付きまとうようにもなります。
実際は反応していないのに「 あなたの口にする言葉は全部 自分の事 」と勘違いする人間もいたりします。

念願かなって、あなたに近付けた相手は なかなか自分からは離れようとはしません。
反応し続けてもらう為に、悪意である事を隠して 悪意をぶつけ続けます。
あなたが抗議して来るのならば、さらに「 おかしな人間 」を演じる人間もいます。
 

誰かと揉めたり喧嘩する事ですら、彼/彼女達にとっては貴重なひととき で「幸せ」で「 楽しい時間 」。
ストーカーになるような人達は、それほどの孤独の中で生きている人達でもあるのです。

そして、その寂しさから 無意識なのか意識的なのかはわかりませんが
誰でも良いので 自分が抱えている同じ闇の中へ引きずり込もうと考えています。
怪談話の悪霊のような人達なのです。



ですから、自己愛的な人達への対処は「 無視・無関心 」が効果的であり
「 近付くのはリスクが高い 」と思わせる事が重要であり、「 あなたが被害者である事を止める( まともに相手するのを止める ) 」事で解決が早まります。

(関連記事:『 被害者 』が被害者でいる限り、『 加害者 』の加害は続く。



加害者は「 突然 あなたに狙いをつけた 」のでは無く
実は、あなたの事を ずっと前から監視していた可能性があるのです。

友達付き合いの中 or 結婚した後などに「 途中から 豹変した 」のでは無く、
出会った一番 最初の頃から悪意( 嫉妬心 )を持って近付いて来ていた可能性があるのです。
変な人に付きまとわれた本当の原因は、あなたが 相当前から 悪意ある相手に観察されていただけなのかもしれません。


何故か、依存体質の人達に好かれやすい・・・という方は
自覚が無いだけで、気の毒な人生を歩んでいる人達を 惹きつけるような何かを持っているのかもしれません。
そして、おそらく 毎回 彼等への対応・接し方など何かを間違えているんだと思います。

( たぶん、「 皆に平等に接する」「 嫉妬しない or したことが無い 」ような感じの優しさを持ってる人とかが標的になるんじゃないかと思います。
そこは長所なので変える必要は無いと思います。

でも、おかしな人間への対応には「 一対一で会話をしない 」「 優しさを与えない(まともな対応をしない。) 」などが必要になって来るんじゃないかと思います。)





落ち込んだりした時ほど、近づいて来る人達には要注意です。
 
でも、近づいて来た全員を疑って接するような生き方は疲れますし、面倒くさいです。
 
なので、被害者体質の方は 「 自分らしさを潰す方向 」では無く
対応力をつける方向で 対策を練ったほうが良いのではないかと個人的には思います。


 

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:人間関係 ストーカー




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]