8月から警視庁がDV被害者やストーカー被害者の転居費を負担へ

あなたの近くに、もしかしたら・・・ 


ちょっと前のニュース。

警視庁、DV被害者の転居費負担へ 8月から運用開始


警視庁人身安全関連事案総合対策本部は26日、ストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)の被害者らが避難するための転居費用を公費で負担する制度を8月から始めると発表した。被害者らの負担を軽減して、安全確保を促すことが狙い。



同本部によると、対象はストーカーやDV、児童・高齢者虐待などの相談者や被害者と、その親族。危害を加えられる恐れがあって自宅に住み続けることが困難で、新たな居住先の確保の見通しがあることや、経済的に困窮していることなどが条件。

引用元:http://www.sankei.com/affairs/news/170726/afr1707260019-n1.html




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:ストーカー 社会問題




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]