うつ(うつ病)を予防・改善させる食材

 大豆


うつ(うつ病)の改善に良いと言われている食材があります。



詳しくは、検索等で専門家さんの記事などを探して読んで頂きたいのですが

・乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど )
・豆類( 納豆、豆腐など )
・魚介類
・野菜
・きのこ類
・ナッツ類
・・・・・などが挙げられています。



うつ病や、うつ状態の時に脳内で欠乏しているのは 「セロトニン」、「ドーパミン」、「ノルアドレナリン」と言われています。
これらの原料は、全て アミノ酸だそうです。
( ※詳しく調べると、もっと細かく分類されていると思います。 )


アミノ酸はタンパク質が分解されたものです。
肉類や魚類などの動物性タンパク質や、豆類などの植物性タンパク質がうつの改善に良いとされています。
摂取し過ぎは良くありませんが、タンパク質は体内での保存が効かないそうなので
できれば、毎日摂取したほうが良いそうです。


一番 大事なのは、規則正しく・バランス良く取ること。
( でも、食材を気にせずに、とにかく好きな物を食べるとかでも良いと思いますよ。 )


食べ物や食べ方には、脳の機能や感情などと密接な関係があるそうです。
本当にうつ症状に効果があるとは言い切れないそうですが、食べ物で改善する可能性は高いそうです。



思えば、私も モラハラ被害で うつっぽくなっていた時は
何故か急に 豆腐や納豆が おいしく感じられて、大豆製品ばかり食べていました。
( 他の良いと言われている食材は、もともと好きなので よく食べていたのですけど。 )


本当に効果があるのかもしれませんね!(^◇^)



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:対処法 メンタル うつ うつ病




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]