事実は小説よりも奇なり



小説の投稿場所を減らしました。


以前、どこかで 「 パーソナリティ障害の方の中には、" パーソナリティ障害 " が 少しでも広まるのを必死で阻止しようとする方もいる。( 他人に迷惑をかける自分の真実の姿を見たくない・被害者を騙しにくくなるからだとか。 )」と見聞きしたのですが、それが起こってしまったのかもしれません。 (´・ω・`)
 

投稿サイトは基本投稿しに行くだけですので、ちょっと良くわからないのですが
どうも 投影同一視を起こされてる方がいらっしゃるようでして、私も暇では無く、めんどくさいので辞めました。
( 投影性同一視を放っておくと、どういう展開になるか被害者になられた皆様は よくご存知な事かと思います。 )
そこのサイトにはブロック機能が無いんですよ。





人格障害が上手く表現できてるんでしょうかね?
( 小説作りは、たぶん 下手くそだと思うんですけど・・・ )(+_+)
http://ncode.syosetu.com/n8235dv/  
 

もし、そうなら 素人小説ではありますがリンク紹介などは嬉しいので
被害者側の皆様、心理学などがお好きな方々、良かったら広めて頂けると私も嬉しいですし
一応、「物語」ですので、もしかしたら、このブログ以上に モラハラの仕組みが分かり易い・・・かもしれませんので ご興味ございましたら よろしくお願いします。

 

 
でも、わざわざ 悪役に書いているのを 同じ症状の方が知らずに見てしまうのもどうかと思いましたので
先日から小説の目次に「 身体障がい者と精神障害者の人物が出る 」って注意書きを増やしました。
( 精神障害を書くなら、身体障がいも書かないと駄目だよね、という事で2つ同時に。 )
 
そんな真面目な物語でも無いのに、投稿先で ちょっと異様な印象を与えてしまっている気はしますが (^^;)
注意書きが必要になってしまったので仕方無い。
悪目立ちするようなら、後から また外すかもしれませんが。


以前、自己愛的な人間が多いのは作家じゃないか?みたいな記事を書きました
現代でも、作家志望者の中に 潜んでいるのかもしれませんね。





パーソナリティ障害を治療中&自覚のある方が もし、この記事を見ていらっしゃるならばブログも小説も読まれるのは自由です。
ただ、ブログも小説も「悪役側」で表現されますので、読むのも読んだ後も自己責任でお願いします。
 

ここは被害者の方に向けて書いているブログです。
関係無い場所にわざわざ訪れてるのはあなたです。
ブログや小説を不快に思われたなら、その時は ご自身で画面を閉じて移動してください。

症状についてのご相談などは専門の病院へ行かれて下さい。私にはわかりません。
私に出来るのはブログや小説を書いて更新する事だけです。



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加



メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]