モラハラの『被害者』になる人はメランコリー親和型と呼ばれる人達だけじゃ無い。

心の中はいろいろ


「 モラハラ被害者 」と言っても、当然 個人差はある。
( 「 加害者 」にも、多少は個人差はあります。 )


被害者のタイプは 「 メランコリー親和型 」 と 書かれてる事が多いですが
「 境界性パーソナリティ障害 」 の 方もいらっしゃるようです。


それから、 「 アダルト・チルドレン 」 と 呼ばれる方々。



そして、加害者が もう戻れなさそうなラインにいると 被害者の性格は関係なさそう。



他のタイプもあるのかもしれません?


 
心の状態 や 回復過程 も さまざま・・・。
年齢 や 性別も違う・・・。


だから、当たり前なことかもしれませんが、被害者を名乗るサイト&ブログは
同じ事を書いてるようで 意見が ちょっとずつ違うのです。



さて、私は どれかな?(*´ー`)



自分では どれも要素があるような気がするし、どれも違うような気もします。
でも、加害者タイプの人と相性が悪い性格だろうな~とは自分で思います。
 

ブログに書いてる元上司の人は、放置していて とんでもない事になった例ですが
人生の中で、他にも数名のパーソナリティ障害っぽい人に遭遇しています。

 
皆さん、私を「 優しい人 or 気弱な人 」と思って近づいて来たんだろうけど
( まあ、確かに私は優しくあるよう心掛けていますけどね。 )
私は言い返したり、歯に衣着せない時があるので 「イメージと違う!」と勝手に怒り出したり、怖がりだしたり・・・
彼/彼女達にとっては、私の方が「 加害者 」になっている場合もある気がしますね。(^^;)


大抵、冷静にハッキリと「 迷惑 」と言えば 次の場所に行ってくれましたが
元上司の女性だけは・・・・今 考えると、彼女は ちょっと「サイコパス」も入っていたのかもしれません。




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加



メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]