人の心は環境に左右されやすい~心理学の実験 『 スタンフォード監獄実験 』


牢獄

 
1971年8月14日から1971年8月20日までアメリカのスタンフォード大学で行われた
心理学の実験 『 スタンフォード監獄実験 』


心理学者フィリップ・ジンバルドー氏の指導の下に、刑務所を舞台にして、
普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、
その役割に合わせて行動してしまう事を 証明しようとした実験



普通の大学生などから選ばれた被験者21人から、11人を看守役、10人を受刑者役にし、
実際の刑務所に近い設備の中で それぞれの役割を演じさせたそうなのですが

時間が経つにつれ、看守役は誰に指示されるわけでもなく、自ら囚人役に罰則を与え始め
次第に 虐待や暴力をおこなうようになってしまったそうです。(; ̄д ̄)


1週間程度で本当に監獄化してしまい、続行は危険と判断され実験は中止に。
結果、人は環境に左右される事が証明されました。


この実験結果は、モラルハラスメントの 「 加害者 」 & 「 被害者 」 や
学校の教師と生徒に起こる 「 体罰 」 にも 通じると思います。


誰でも環境次第で、当事者になってしまう可能性がある。
一方的に被害を受ける状況は 深刻化する前に 早めに対処したほうが良さそう・・・ (  ̄- ̄ ;)

 



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tag:心理 心理学




メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]