PTSD=心的外傷後ストレス障害も傷害罪になる。



  最高裁初判断 PTSDは傷害罪 NHKニュース最高裁初判断 PTSDは傷害罪 NHKニュース


 >「PTSD=心的外傷後ストレス障害を負わせた場合、
 >直接けがをさせなくても傷害罪に当たる」と、
 >初めての判断を示して上告を退け、
 >懲役14年の判決が確定することに なりました。


 ある事件の判決です。


 PTSDとは Posttraumatic stress disorder - 心的外傷後ストレス障害の事で
 簡単に言うと 「 トラウマ 」の事です。


 心に傷を作った事も傷害罪に当たると初めて判断されたのです。
 




 
 私にも軽い感じですが、PTSD症状みたいなのがあります。
 ( 電話の着信音とか郵便・宅配物が届く時とか、一人で外出する時などが ちょっと怖い感じ。)

 事件としては、大した事 無いであろう私でも こうなるのですから
 報道されるような事件の被害者のPTSDは相当なものだろうなと思います。  

 
 PTSDの症状は 自分ではどうしようもない事に近いです。
 考えないようにしていても、ふとした瞬間 思い出したりします。


 突然思い出すのも辛いですが、常に恐怖感に襲われてる方もいらっしゃると思います。
 段々、加害者がのうのうと生きてるのかと思うと 悔しい気持ちにもなります。


 なんだか 呪いみたいな・・・簡単に取れるものとは思えません。
 一生 この症状と付き合わなければいけない人もいるんだろうなと思います。




 大抵の 加害者は、特に何も変わらず生き続ける事でしょう。


 この事件のように 「 懲役14年 」など、世の中に戻れる日は決まっているし
 その間、本当に 被害者同様に 苦しむかどうか わからない・・・。


 喜ばしいニュースのような、腹立たしいニュースのような・・・
 そんな 判決のように思えます。 


 
 ・・・・・・診断書あれば、訴えて勝てるのだろうか?

 そこんところも 気になります。 
 
 

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加



メンタルサプリ専門店【リラクミンシリーズ】
[広告]


アノ人の気持ちがわからない…そんな時は。人気の占い師多数!エキサイト電話占い
[広告]