category: 境界性パーソナリティ障害  1/1

境界性パーソナリティ障害の特徴と原因

【 境界性パーソナリティ障害の特徴 】 ・現実または妄想で人に見捨てられる事を強く恐れている。・対人関係で他者を「良い」「悪い」の両極端でしか評価できない。 また、その評価を簡単に反転してしまう。( 「 敵 」に対しては 批判や暴言を繰り返す。 )・気分や感情がめまぐるしく変化する。( 物事に簡単に左右されてしまう。被害妄想が強い。)・感情の制御が出来ない。ちょっとしたことで癇癪を起こし、傷つきやすい。・...

  •  closed
  •  0

境界性パーソナリティ障害と言われている歴史上の人物・著名人

境界性パーソナリティ障害と言われている人物が存在します。 実際に、BPDで入院歴のある方以外に あくまでも イメージモデル(?)として伝えられている人物も混ざっています。 イメージモデルの方々は 実際に 境界性パーソナリティ障害なのかどうかはわかりません。 ただ、生い立ち( これも、どこまでが真実かわからない歴史資料 )など読んでみると 境界性性パーソナリティ障害の特徴に当てはまってる人物なのは確かです。...

  •  closed
  •  0

境界性パーソナリティ障害者の暴走行動を止めさせる方法とは?

以前、モラハラ加害者&ストーカーになるような人達は 行動に対するリスクの事を考えているという記事を書きました。 ⇒ 【モラハラ対処法】 依存するにはリスクが高い・大きいと思わせる。 しかし、境界性パーソナリティ障害者の場合は 自分の感情を最優先し、思い込みで行動するために、暴走し始めたら自分を止められない人間も居ます。被害者は相当疲れる事になりますが、実は 加害者も相当疲れるそうです。でも、彼/彼女達...

  •  closed
  •  0

境界性パーソナリティ障害者から離れられない時は境界線を引く!

境界性パーソナリティ障害の加害者から何らかの事情で離れられない場合、または 相手をサポートして行くと決めた場合には 境界線を設定する必要があります。...

  •  closed
  •  0

境界性パーソナリティ障害の人は『自分が誰なのか』が自覚できていない

 境界性パーソナリティ障害の人は、自分でも自分が何なのか解かっていないような所があります。そういった状態は「自己同一性障害」とも言われています。自己同一性とは「 アイデンティティ 」の事です。( 自己同一性 - Wikipedia )人は、自分はどこに住んでいる誰なのか、どのような家庭や場所で育ったか、どういった仕事をしているか等、一貫している自己像を持っています。子供の頃や、十代などの若い時はあやふやな場合...

  •  closed
  •  0

摂食障害の背景にパーソナリティ障害が潜んでる事があるらしい。

『 異食症 』という摂食障害の症状があります。少なくとも1ヶ月間程度、通常は食事として食べる事のない&栄養がない物を継続して摂取する症状です。摂取する代表的な物は 氷、土、毛髪、チョークなど。( 氷食症、土食症、食毛症とも呼ばれています。別名がある位、これらの症状の人は多い。 )※乳幼児の場合は、まだ認知機能が発達していない事から突発的な異食行動をする事があるので異食症とはみなされない。その他「慣習的に...

  •  closed
  •  0